このページはJavaScriptを使用しています。
ご使用中のブラウザはJavaScriptが無効になっているか、JavaScriptに対応していません。
サイトを正しく表示、ご利用いただくには、
JavaScriptを有効にするか、JavaScriptが使用可能なブラウザでアクセスして下さい。

昨日は吹田市市民講座でした(^^♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんばんは、M・Iキックボクシングスクール 笹尾です☆

昨日は吹田市様主催のキックボクシング市民講座でした(^^♪

19:00からスタートで、約20名の方々にご参加頂きました。

ちなみに今回の講座。

趣旨としては吹田市立男女共同参画センターとして、「児童虐待やDV」はなぜ起こるのか?どう対処していけば良いのか?ということを、キックボクシングを通じて向き合い、考えるというもの。

普段は女性中心の講座が多く、男性に焦点を当てた男性限定講座はかなり珍しいそうです。

いきなり児童虐待やDVと向き合いましょうとなると、かなり重たい感じになるので、とっつきやすい(?)キックボクシングを通じて、というのが今回のきっかけでした。

 

・・・というか、そのあたりの事前の告知が抜けてましたね(;^ω^) すみませんでしたm(__)m

 

 

最初の30分は某大学 教授の石蔵先生の講義。

その中で堪忍袋の法則というお話が印象的でした!

例えば我慢のコップが100まで入るとして、仕事の失敗や夫婦喧嘩などで20や30くらいの怒りやストレスが入っても、都度ストレス解消すれば問題ない。

 

でもストレス解消ができないと、どんどん怒りやストレスが溜まってしまい、100を超えたところでキレてしまい、児童虐待やDVに繋がってしまうとのこと。

堪忍袋の緒が切れたということですね。

だからストレスは多少溜めても、都度解消できることが大事。

じゃあどんなことで解消できるのか?

1つは愚痴を言う。。 これはストレス解消にけっこういいそうです(^^)/

2つめは、買い物やギャンブルなど。。これは危険ですねー。

 

そして最後は暴力的発散。。これが最強だそうです(>_<)

ただ人を殴ったり蹴ったりしたら犯罪ですよね?? でも今日はミットにおもっきりパンチやキックを打ち込んだとしても、合法だから大丈夫ですよーーーー(‘◇’)ゞ

 

 

 

 

 

・・・・・という絶妙なフリで、キックボクシングの実技60分に入りました。

 

風景はこんな感じ☆

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

期待していたサプライズ参加もありましたねー(‘◇’)ゞ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

会員Hさんも来て下さいました(^o^)

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

ということで、事故やケガもなく無事終了☆

今回の講座がどうだったのか??

評価は他人がするものなので、あとの評価はお任せします。。

至らない点もあったかとは思いますが、個人的にはベストを尽くして満足です☆

今回はこのような貴重な体験をさせて頂ける機会を下さった吹田市M様、ご一緒させて頂いた石蔵先生、男女共同参画センターの職員の皆様、そしてご参加頂いた皆様、どうもありがとうございました<m(__)m>

 

JCOMさんの撮影も入りましたので、今日の様子は6/21~10日間放送されるそうです(^o^)

 

 

次は土曜日の恒例のレッスン☆

よろしくお願いしまーす(^o^)